【断末魔の中韓経済】中国不動産バブル崩壊が「確定」 主要35都市で住宅価格指数下落 (1/2ページ)

2014.06.26


高層マンションが立ち並ぶ中国貴州省の開発区(共同)【拡大】

★(2)

 わが国の経験を思い出せば理解できると思うが、株式バブルが極めて短期間に崩壊するのに比べ、不動産バブルは「バブル崩壊」が確定するまで数年かかる。バブルが崩壊するといわれ、すでに3年が経過した中国の不動産バブルも、ようやく「バブル崩壊確定」と断言しても構わない時期が訪れたようだ。

 中国国家統計局が6月18日に発表した、5月の中国主要70都市における新築住宅価格指数は、35都市で前月よりも下落した。4月に価格が対前月比で下落したのは6都市に過ぎなかったため、かなりハイピッチで「住宅価格が下落し始めた都市」が拡大していることが分かる。

 中国経済の中心都市の1つ上海では、5月に成約した分譲住宅の面積が59万5500平方メートルと、前月比21・8%の減少となった。前年同月比では34・9%の減少である。5月の上海の分譲住宅は、面積で見ると1年前の65%しか売れなかったという話だ。

 首都・北京では、5月初めの三連休の販売総面積が1・89万平方メートルと、13年の同じ時期に比べて4分の1にまで減少してしまった。何と、2008年以来の売れ行き不振とのことである。5月の連休は、中国の不動産ビジネスにとっては極めて「寒い春」となり、北京のみならず、上海、広州、深●(=土へんに川)を加えた四大都市で見ても、販売された部屋数は13年の4割に満たなかった。

 

注目情報(PR)

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

実践で使える英会話を習得!業界最高峰の講師がサポートします。毎日話せて月5000円《まずは無料体験へ》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

サンスポ予想王TV

競馬などギャンブルの予想情報を一手にまとめたサイト。充実のレース情報で、勝利馬券をゲットしましょう!