【新・悪韓論】「8・15」に向け反日を加速する韓国 ロシアにはだんまり… (1/2ページ)

2014.07.24


朴大統領が「反日」で熱くなる季節が始まった(AP)【拡大】

 毎年暑くなってくると、韓国は「反日」で熱くなる。8月15日の「光復節」(=日本からの独立を祝う韓国の祝日)に向けて、職業的反日活動家が活発に動く。新聞もテレビも新たなネタ探しを始め、それを小出しにしては反日ムードを高めていくからだ。

 反日の高潮期は9月1、2日の「関東大虐殺の日」まで続く。毎年おなじみ「スケジュール闘争」みたいなものだが、今年はローマ法王が8月14〜18日に韓国を訪問するファクターが加わる。

 8月15日は、朴槿恵(パク・クネ)大統領にとっては特別な日だ。1974年の同日、母親である陸英修(ユク・ヨンス)さんが、在日朝鮮人の文世光(ムン・セグァン)に射殺された日でもあるからだ。

 文世光は、朴氏の父、朴正煕(パク・チョンヒ)大統領を狙ったのだが、銃弾は陸さんに当たってしまった。陸さんは、広く国民に慕われ「国母」と言われていた。が、多くの韓国人にとって、8・15とは今や「光復節=反日の祭典」だけだ。文世光と、その背後勢力を糾弾するような動きはまるで見られないのだ。

 朴氏はきっと早朝に母親の墓に参り、昼から光復節の式典に出席するのだろうが、彼女は文世光の行為を「政治的動機のテロ」と認識していないのだろうか。政治動機であれ、「テロ=悪」という認識がないから、日本の初代総理大臣、伊藤博文を暗殺した安重根(アン・ジュングン)を称賛しているのだろう。

 

注目情報(PR)

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

毎日25分からのオンライン英会話。スカイプを使った1対1のレッスンが月5980円です。《体験無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。