セウォル号運航会社会長、遺体すり替え? 失態続きの捜査当局 渦巻く不信感 (1/2ページ)

2014.07.24

 韓国で沈没した旅客船セウォル号の運航会社会長で、変死体として発見された兪炳彦(ユ・ビョンオン)容疑者(73)の「生存説」が韓国内で飛び交っている。遺体の腐敗が早いうえ、40日間も本人と気付かなかった捜査への不信が、さまざまな憶測を加速させているのだ。捜査当局が兪容疑者の別荘の家宅捜索の際に、本人を取り逃していたことも発覚。相次ぐ失態に、救出の失敗で噴出した政権批判も再燃する気配だ。

 背任容疑などで手配中だった兪容疑者の遺体は6月12日、潜伏先だった南西部順天の別荘から約2キロ離れた畑で「80%白骨化が進んだ状態」(警察)で見つかった。遺体を見た警察官は「死後約6カ月は経過しているように見え、身長など体格も兪容疑者とは違った」と聯合ニュースに発言。冬用のコートを着た遺体のそばには兪容疑者が飲まない酒の瓶があった。

 ナゾの遺体として憶測は深まるばかりで、ある放送局は「遺体は胴体と首が離れていた」と他殺説を提起。ネットでは「実兄とDNA鑑定を行ったというが、兪容疑者には公になっていない兄弟がいる。遺体はその兄弟ではないか」などとすり替え説も拡散中だ。

 遺族も「史上最大の捜査作戦といいながら、別荘の近くに死体があったなど、信用できるわけない」と怒りをあらわにしている。

 そんな中、23日には、国民の怒りを買う捜査の失態が新たに発覚した。

 

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。