習政権、権力掌握に向け粛清の嵐 本丸は「上海閥」トップの江沢民・元国家主席 (1/2ページ)

2014.07.30


2010年の全人代では副主席だった習近平氏(右)と並んで座っていた周永康氏(共同)【拡大】

 習近平体制下の中国共産党が粛清の嵐だ。周永康・前政治局常務委員(71)が、重大な規律違反の容疑で党の規律部門の取り調べを受けていることが明らかになった。中国共産党の最高指導部メンバーが失脚したのは25年ぶりとなる。新旧政権の間で繰り広げられる覇権争いは最終局面に突入しており、習国家主席が、周氏の後ろ盾となっている「上海閥」トップの江沢民・元国家主席に手をかける可能性も出てきた。

 「虎もハエも一掃する」

 2012年の国家主席就任以降、「反腐運動」と呼ばれる汚職追放運動を展開してきた習氏が、常々繰り返してきた言葉だ。

 虎は大物を表し、ハエは小物を指すが、その「虎」に習氏が手を掛けようとしている。

 中国国営新華社通信は29日、周氏について「重大な規律違反があった」として、党中央規律検査委員会が立件・調査することを決定したと伝えた。

 周氏への疑惑は、公職を務めるなかでの収賄や職権乱用に加え、香港メディアでは、薄煕来・元重慶市党委書記と共謀して政変を起こそうとしたとの疑惑や、前妻を交通事故に見せかけて殺害したとの情報も伝えられている。

 昨年8月、香港メディアで汚職問題が報じられ、同12月には消息を絶ち、「公安当局に身柄を拘束された」との見方が出ていた。

 ロイター通信などは、これまでに親族や部下ら300人以上が拘束され、差し押さえられた資産は900億元(約1兆5000億円)を超えると報じている。

 周氏は国有企業、中国石油のトップを経て政界入り。公安相に就任後、07年に政治局常務委員となり、胡錦濤政権で警察、検察、司法部門を統括した。「チャイナナイン」と呼ばれた党最高指導部の一員だった。

 

注目情報(PR)

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

毎日25分からのオンライン英会話。スカイプを使った1対1のレッスンが月5980円です。《体験無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。