韓国人の父に捨てられた「フィリピン版ライダイハン」が急増 (2/3ページ)

2014.07.31

 背景にあるのは、フィリピンに渡航する韓国人の急増だ。フィリピン観光省によると、2013年にフィリピンを訪れた全観光客約468万人のうち、韓国人は最多の約116万6000人で、4人に1人の計算になる。さらにフィリピン在住の韓国人は約10万人に上る。

 渡航者の増加は、セブ島を中心に2000年代初頭から英語学校ができ始めたのを機に、韓国人留学生が増えたことが理由とされる。

 近年、ヒュンダイやサムスンなどの大手企業が相次いで海外進出し、韓国国内で英語学習に対する需要が急速に高まった。すると留学費用が高額な米国などの先進国よりも、費用の安いフィリピンへの留学を望む学生が殺到するようになったのだ。

 現地事情に詳しいアジア地域情報誌の編集長が、コピノ増加の実態を語る。

 「マニラ市街のほか、米軍基地があったアンヘレス市なども多くの韓国人がいるが、特に英語学校が立ち並ぶセブ島では若い韓国人が集まっている。

 彼らはこれまで韓国人男性が持たれていた男尊女卑のイメージとは違い、とてもソフトな印象です。そのため韓国人男性に近づきたがるフィリピン人女性が少なくないのは事実。

 ただ、韓国人男性は避妊を拒む傾向があり、女性を妊娠させることが多々あります。しかも若さゆえに金銭的な余裕もない。フィリピン人女性が妊娠すると責任を取らずに帰国して、連絡を絶ってしまう韓国人男性が多いのです」(情報誌編集長)

NEWSポストセブン

 

注目情報(PR)

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。