習主席を背後で操る黒幕の正体とは… 中国「仁義なき抗争」に突入 (1/3ページ)

2014.07.31


2012年11月の共産党大会で揃い踏みした(左から)胡錦濤、習近平、江沢民の各氏。表情は穏やかだが熾烈な権力闘争を演じている(ロイター)【拡大】

 習近平国家主席率いる中国が「仁義なき戦い」に突入した。最高指導部メンバーだった周永康・前政治局常務委員の失脚にまで発展した権力闘争を背後で操っているのは、胡錦濤前国家主席だというのだ。専門家は胡氏の狙いについて、「周氏の後見人である江沢民元国家主席一派の追い落とし」と指摘。その先には「習氏の失脚」も見据えているという。ベールに包まれた中国権力の奥の院で、何が起きているのか。

 香港フェニックステレビは30日、中国当局が、周氏本人と家族から900億元(約1兆5000億円)相当の財産を押収したと報道した。「石油閥のドン」として腐敗にまみれた実態をうかがわせるエピソードだ。

 だが、今回の失脚劇が単なる汚職事件だと見る向きはほとんどない。

 周氏は、江氏率いる上海閥(江沢民派)の重鎮。すでに党籍剥奪された徐才厚・前中央軍事委員会副主席も、制服組トップとして軍部における江氏の代理人的存在だった。同じく江沢民派の郭伯雄・元軍事委副主席の息子も軍の規律検査部門に連行されたと報じられた。

 つまり、一連の反腐敗キャンペーンは、隠然たる影響力を持つ江沢民派を潰し、習近平体制の権力基盤を固めるための政局−というわけだ。1980年代後半まで血で血を洗う抗争を展開していた中国指導部だけに、国民の関心も高まっている。

 

注目情報(PR)

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

毎日25分からのオンライン英会話。スカイプを使った1対1のレッスンが月5980円です。《体験無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。