【スクープ最前線】習近平氏暗殺計画が発覚 複数影武者 江沢民氏が「習潰し」発令 (1/3ページ)

2014.08.08

 中国の習近平国家主席に「暗殺警報」が発せられた。汚職撲滅を旗印に、周永康・前政治局常務委員らを次々と粛正していることに、後ろ盾である江沢民元国家主席が激怒しているのだ。習氏は「影武者」を用意して警戒を強める一方、江氏一派の息の根を止める急所に狙いを定めた。展開次第では、日本にも直撃しかねない衝撃情報とは。中国最高指導部や長老が国政の重要事項を討議する「北戴河会議」が始まったとの情報も流れるなか、ジャーナリストの加賀孝英氏が迫った。

 「習氏に暗殺の危機が迫っている」「これは、(習氏と江氏の)どちらが先に死ぬか、手打ちのない血みどろ権力闘争だ」

 旧知の人民解放軍関係者は緊張した声で、私(加賀)にそうもらした。事実、「腐敗撲滅」に政治生命と生き残りをかける習氏と、「上海閥」のトップで、旧権力のドンである江氏との最終戦争はすさまじい。

 習氏は6月末、軍の元ナンバー2で、軍における江氏の代理人的存在だった徐才厚・元中央軍事委員会副委員長の党籍を剥奪した。7月末には、『石油閥』の大物で、警察・公安部門を握る上海閥の重鎮、周永康・前政治局常務委員を失脚させるなど、江氏の手足をことごとく潰している。

 そして、習氏は7月31日、党中央規律検査委員会に以下の声明を出させた。

 《査察団が汚職捜査のため上海に到着した。9月末まで査察を続ける》

 これは、まさに江氏本人に対する宣戦布告、死刑宣告そのものだ。

 

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。