中国、韓国軍を脅迫…弱みにつけ込み「包囲網」突き崩しへ (1/2ページ)

2014.08.08

 習近平国家主席率いる中国が、韓国の安全保障政策への介入を強めている。米国主導のミサイル防衛(MD)導入に反対したのに続き、韓国がフィリピンに約束した哨戒艦無償供与を中止するよう求めたのだ。朴槿恵(パク・クネ)大統領は、経済・歴史分野で中国へのすり寄りを加速させて、「対中外交の成功」が支持率低下に歯止めをかけている。中国政府は朴政権の足元を見て圧力をかけた形だ。

 フィリピンに対する韓国の哨戒艦供与は6月5日、フィリピン外務省が発表した。浦項(ポハン)級哨戒艦(1240トン)1隻で、76ミリ砲を標準装備する。同型艦には、MM38対艦ミサイル(エグゾゼ)を装備する艦もある。

 フィリピンは、南シナ海・スプラトリー諸島(南沙諸島)をめぐって、中国と領有権を争っているが、軍事力では圧倒的に劣勢だ。韓国側から無償供与されるのは年内退役予定の老朽艦だが、それでもフィリピンにとってはありがたいに違いない。

 韓国誌『週刊東亜』が報じたところによると、中国側は6月上旬、これに「待った」をかけた。この時期は、7月上旬に予定されていた習氏の訪韓を目前に控えており、韓国国防省を訪れた駐韓中国大使館幹部が「(会談に)悪影響を与えることもあり得る」と伝えたという。

 韓国外務省報道官は今月5日の記者会見で、中国側からの接触があったことは認めたが、圧力の有無については言及しなかった。だが、7月3、4日に行われた中韓首脳会談では、慰安婦問題に関する共同研究で合意するなど、朴氏が期待した“成果”を得ている。朴政権が要求を丸飲みして、中国側の歓心を買っていた可能性は捨てきれない。

 

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。