【外信コラム】“日本色”が濃いのがケシカラン… 目先の“愛国”と国の品格

2014.08.25

 日本には「入れ込む」という言葉がある。あることに熱中することだが、マニアとかオタクというのがそうだ。いわゆる韓流ファンもその類いが多く、歌舞音曲でも細分化し、さらに興味や関心を深める。

 例えば韓国のミュージカルに入れ込んでよく見にくる女性がいる。筆者もそこまでは手が回らないので、そちらの方の韓国情報をいろいろ教えてもらう。

 最新情報によると来年春、日本で公演予定のミュージカル『レ・ミゼラブル』(東宝)の主役、ジャン・バルジャンに韓国人俳優のヤン・ジュンモが抜擢(ばってき)された。日本での大作ミュージカルに韓国人の起用は初めてという。彼女は「韓国ミュージカルの水準の高さが評価されてうれしいが、この時期、東宝の英断も素晴らしい。やはり日本はすごい」と喜んでいた。

 一方、韓国では来年春に公演予定だった国立バレエ団の『蝶々(ちょうちょう)夫人』が、中止になった。報道によると、物語の舞台が日本で衣装にもキモノが登場するなど“日本色”が濃いのがケシカランと、外部からイチャモンがついたためという。

 『蝶々夫人』はイタリアのプッチーニ原作のオペラで100年以上、世界中で公演されてきた。目先の“愛国”が国際的にその国の品格と評判を落とすという例はよくあることだが。(黒田勝弘)

 

注目情報(PR)

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

毎日25分からのオンライン英会話。スカイプを使った1対1のレッスンが月5980円です。《体験無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。