サムスン&現代自、共倒れ必至…大企業依存の韓国経済に大打撃 決算見通し (1/3ページ)

2014.08.29

 韓国を代表するツートップ企業が大きく揺らいでいる。スマートフォンが頭打ちのサムスン電子は7〜9月期も業績不振が続くとの観測が強まり、株価は年初来安値水準で低迷している。現代(ヒュンダイ)自動車も強かった国内市場を切り崩され、為替のウォン高が重荷となっている。両社の失速は大企業依存の韓国経済にも大打撃となる。

 サムスングループの英国法人が公開した動画がちょっとした騒動となっている。動画は、サムスンのスマホの最上位機種「ギャラクシーS5」が氷水をかぶり、次の参加者として米アップルの「iPhone(アイフォーン)5s」などライバル機種を指名するという内容のものだ。

 もちろん、筋萎縮性側索硬化症(ALS)患者の支援を呼びかける「アイス・バケツ・チャレンジ」をもじったものだが、ギャラクシーS5は防水機能があり、指名された3機種は防水機能がないことから、チャリティーを自社製品の宣伝と競合機種のネガティブキャンペーンに利用したものだとひんしゅくを買った。

 サムスンの焦りが感じられるエピソードだが、無理もない。世界のスマホ市場でサムスンの牙城が日に日に崩されているのだ。

 英調査会社によると、今年第2四半期(4〜6月)の中国のスマホ市場で、サムスンのシェアは、“中国のアップル”と呼ばれる新興の「小米(シャオミ)」に抜かれ、2位に転落した。レノボなど他の中国メーカーの猛追も受けている。インド市場でも地元メーカーがサムスンを上回ったとの調査もあり、急成長市場の新興国では、低価格スマホを武器にした地元メーカーが台頭している。

 

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。