【韓国の本性】慰安婦の碑は日本への復讐 安易な「妥協」は「事実」とされるだけ (1/2ページ)

2014.08.30

★(4)

 米ニュージャージー州ユニオンシティーで今月4日、同国で6番目となる慰安婦の碑の除幕式が行われた。碑には、「日本帝国陸軍によって性奴隷になることを強制された数十万の女性と少女を記憶にとどめる」と刻まれている。

 昨年10月には、韓国の国会議員らが渡米して、ロサンゼルスに米国各地の総領事を集め、慰安婦問題を拡大させていくよう指示している。韓国系団体は今後、全米20カ所以上に慰安婦の碑を設置する計画だという。韓国は現在、米国を巻き込み、官民をあげて日本たたきを始めている。

 事実無根の「強制連行」を記した碑の撤去を求めて、米国に飛んだ日本の地方議員有志は「学校から帰った息子が『自分には日本人という汚い血が流れている』と泣きながら机に頭をたたきつけ、可哀そうにと息子を抱きしめて一緒に泣いた」という母親の悲惨な告白に茫然(ぼうぜん)とした。日本人子弟への陰湿なイジメが始まっていたのだ。

 なぜ、韓国人はここまでやるのだろう。

 もし、安倍晋三首相が「過去は謝罪する。子供たちがイジメられないように慰安婦の碑を撤去してほしい」と頭を下げたらどう応じるだろうか。彼らは「自業自得」「因果応報」といって一蹴するに違いない。そう、「慰安婦の碑」は、日本への彼らの「復讐(ふくしゅう)」なのだ。

 韓国では、歴史をねじ曲げた「反日教育」で育った人々が、人口の大半を占めるに至り、「日本は絶対悪」「韓国は絶対善」という図式が出来上がった。日本寄りの発言をすれば、たちまちバッシングを受けて韓国社会から葬られ、場合によっては命までも失う。

 もはや誰もブレーキをかける者がいないため、「日本の悪行」が次々に“創造”され、韓国の歴史認識に繰り込まれてきた。慰安婦問題はその典型だろう。このように反日感情が自家中毒してできた歴史観を世界に広げ、日本に押し付けているのが現状の姿である。

 

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。