訪日中国人急増 背景にネット上の日本人への好感 (1/2ページ)

2014.08.31


秋葉原のラオックスに押し寄せる中国人旅行客【拡大】

 政府観光局によると、7月の訪日外国人は前年同月比約27%増の約127万人となり、月間として過去最多になった。円安や東南アジアからのビザの発行要件が緩和されたこともあり、訪日客は昨年初めて年間1000万人を超えた。羽田空港の国際線発着枠増加やクルーズ船の寄港増加もあり、今年は昨年を上回るペースだ。

 月間の訪日外国人数は今年3月から5カ月連続で100万人を超え、7月までの累計で750万人を突破している。特に、7月の中国からの旅行者は前年同月比101%増の約28万人。11カ月連続で月間の過去最高を更新している。

 百度(バイドゥ)など中国のネットの掲示板には、「日本が嫌いなのに、なぜ日本に行くんだ」という書きこみがあり、それに対して「行く前は日本が嫌いだったが、行ってみると、日本人は親切で考えが変わった」とか、「政府が主張する日本についてのプロパガンダは間違っているんじゃないか」というメッセージが多数書き込まれている。ネットの世界では、日本は好感を持たれているのだ。

 中には「日本人が笑っていたので、びっくりした」というものもあった。鬼畜のような日本人が登場する戦争映画やドラマを見せられていた人が、日本を訪れて、「日本人は親切で、民度が高い」ということがわかり、驚くようだ。

 最近、日本で携帯電話を落とした中国人旅行客のエピソードがネットで評判を呼んだ。ホテルに戻るタクシーの中で携帯がないことに気がついたのだが、どこでなくしたかわからない。すると、2人の日本人女性がタクシーで追いかけてきて、携帯を届けてくれた。

 

注目情報(PR)

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

毎日25分からのオンライン英会話。スカイプを使った1対1のレッスンが月5980円です。《体験無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。