中韓、張りぼての「反日共闘」 根深い民族間の軋轢、歴史認識でも対立 (1/3ページ)

2014.09.01


笑顔で握手する習国家主席(左)と朴大統領。だが、両国間には抜き差しならない問題が… (聯合=共同)【拡大】

 「反日」で共闘関係を結ぶ韓国と中国。今年7月に閣議決定された集団的自衛権の行使容認について両国首脳がそろって日本にイチャモンをつけるなど、その蜜月ぶりが際立っている。韓国の観光業界で、中国人観光客がお得意さまになるなど民間レベルでの結びつきも強まっているが、領土問題や民族間の軋轢(あつれき)は根深い。「中韓同盟」は見かけだけで実のところ、張りぼて同然という。ノンフィクションライター・高月靖氏がリポートする。

 「韓国はついに一線を越えたのか」

 今年7月の中韓首脳会談をめぐり、こうした驚きの声が関係各国に広がった。韓国の朴槿恵(パク・クネ)大統領が、中国の習近平国家主席とともに、日本で閣議決定した集団的自衛権の行使容認について「憂慮」を表明したからだ。

 北朝鮮の軍事的脅威に対して、日米と協力関係にあったはずの韓国。その露骨な中国への傾斜に「米韓同盟も揺るぎかねない」との懸念が韓国内外に広がった。

 外交面以外でも中国依存は顕著だ。

 観光業界に目を向けると、外国人観光客の主役は日本人から中国人に取って代わった。昨年、韓国を訪れた中国人は、前年比約50%増の430万人にのぼる。

 だが、同時にこんな問題も生まれている。

 「ある調査では、韓国で不快な思いをした中国人旅行者の数は、ほかの国に比べて4倍も多かった。その一方で、不法滞在目的の入国で摘発される中国人も増加の一途をたどり、韓国人が中国人に抱くイメージはネガティブな部分が大きい」(韓国在住の日本人メディア関係者)

 

注目情報(PR)

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。