【断末魔の中韓経済】中国が突き進むバブル崩壊への道 不良債権膨張で大手銀にダメージ (1/2ページ)

2014.09.08


北京市内の中国銀行【拡大】

★(5)

 中国の不動産バブル崩壊は、当然ながら中国国内の銀行の業績にダメージを与えている。具体的に書くと、不良債権の膨張だ。

 北京に本店を置く中国の大手商業銀行「中国銀行」(中国の中央銀行は『中国人民銀行』である)は、2013年末から14年6月末までの半年間で、不良債権が17%増加したと発表した。

 中国銀行、交通銀行、中国農業銀行など、中国国内の大手銀行の不良債権比率は、すでに健全水準の1%を上回ってしまっている。そして、欧米の金融専門家の多くは「中国の不良債権は、実際にはもっと多い」と主張している。

 バランスシート(貸借対照表)の悪化を防ぐために、中国の大手銀行はこぞって資本増強に乗り出している。同時に、当たり前の話として、中国の各銀行は民間への資金貸し付けを絞り込んでいるのだ。

 中国国家統計局の発表によると、中国の14年7月の新規貸し付けは、6月と比べて何と3分の1規模にまで縮小してしまった。

 対前月比のみならず、対前年比で見ても、大きく金額が落ち込んだ。具体的な数字を書いておくと、14年7月の新規貸し付けは3852億元(約6兆5800億円)となり、前月比で64%減である。さらに、前年同期比では3145億元(約5兆3700億円)の減少だ。

 中国共産党は、社会全体の信用創造の指標として、独自に「社会融資総量」も調査し、発表している。社会融資総量とは、一般的な銀行の元建て融資以外にも、外貨建て融資、トラストローン(住宅ローンなど)、社債、銀行引受手形など、国内の資金調達手段を幅広く含み、社会全体の流動性を確認するための指標である。

 

注目情報(PR)

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

毎日25分からのオンライン英会話。スカイプを使った1対1のレッスンが月5980円です。《体験無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。