韓国紙、朝日は「被害者」 慰安婦誤報謝罪で危機感か

2014.09.13

 慰安婦問題の大誤報で謝罪に追い込まれた朝日新聞に対し、韓国メディアが応援する姿勢を鮮明にしている。産経新聞や読売新聞の報道を「朝日たたき」と決めつけ、被害者扱いしているのだ。

 韓国紙・朝鮮日報(日本語電子版)は12日、産経、読売両紙の「誤報で日本の名誉が傷つけられた」「誤った事実 世界に拡散」といった見出しを紹介。これらの記事を「誤報の朝日に各紙がこぞってバッシング」と報道した。東京電力福島第1原発の吉田昌郎元所長の「調書」をめぐる誤報に関しても、「資料解釈上の誤報だ」と朝日の説明をうのみにした立場を示した。

 中央日報も「自民党の政治家や読売など保守新聞が『朝日たたき』に乗り出している」と指摘。吉田清治氏の虚偽証言を16回も報道するなど慰安婦問題を“リード”してきた朝日の権威失墜に危機感を強めているようだ。

 

注目情報(PR)

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

毎日25分からのオンライン英会話。スカイプを使った1対1のレッスンが月5980円です。《体験無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。