【蠢く中韓】欧米の経済制裁を突いて露にスリ寄る中韓「ロシア市場に浸透するチャンス」 (1/2ページ)

2014.09.18

★(2)

 8月にロシア帝国時代の首都サンクトペテルブルクに行ったとき、欲しかった中国歴代指導者のマトリョーシカ人形を発見し、すぐに買った。

 習近平国家主席と胡錦涛前国家主席、江沢民元国家主席、●(=登におおざと)小平元副総理、華国鋒元首相、劉少奇元国家主席、毛沢東初代国家主席のうち、●(=登におおざと)と華、劉が抜けて、代わりに周恩来元首相が加わったセットで25ドル(約2600円)に値切った。

 これは中国では絶対に手に入らない。2年前にも中国・大連とハルビンのロシア人街で探したが見つけられず、店員に聞くと「中国では指導者を尊敬している(建前になっている)のでね…」と困った顔つきになった。

 つまりロシアでは、中国の指導者はおちょくっても良いのである。

 さて、ウクライナ危機を受け、欧米諸国がロシアに経済制裁を科しているため、さぞや観光客が激減したに違いないと思いきや、中国人観光客でどこも満員ではないか。ついで韓国人の団体客があふれていた。日本人はほとんど見あたらない。ホテルで従業員が「ニーハオ」とあいさつしてくるので、「私はヤポンスキー(日本人)です」というと、「すみません」と日本語で返してきた。

 街を歩いて驚いたのは通貨ルーブルが安定しており、闇ドル屋がなくなっていたことだ。レストランでも雑貨屋でもドルを受け取らない。冷戦終結直後、ドルしか受け取らなかった状況に比べて劇的な変化である。これは経済先進国の証明であり、ロシア人が自国経済に自信を持っている証拠といえる。豊富な石油とガスの輸出ビジネスが絶好調だからだ。

 

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。