【新・悪韓論】現代自、凋落への第一歩か ソウル一等地の本拠地建設に2兆円投入  (1/2ページ)

2014.09.25


朴槿恵(パク・クネ)大統領(右)と握手する、現代自動車グループの鄭夢九(チョン・モング)会長(聯合=共同)【拡大】

 韓国第2位の財閥である「現代(ヒュンダイ)自動車グループ」が、ソウルの一等地8万平方メートル(東京ドーム1・7個分)を、10兆5500億ウォン(約1兆1000億円)で購入することになった。財閥の本拠地を建設する計画だ。「100年先を見据えた決断だ」と自画自賛しているが、自動車産業にとって何よりも重要な技術開発費が制約されることは確実だ。

 100年はおろか20年先には、「現代」ならぬ“過去、自動車会社があった場所”になっているような気がする。

 問題の土地には現在、韓国電力の本社がある。韓電は逆ザヤで累積赤字が57兆ウォン(約5兆9600億円)。ここを売却して同国南西部の全羅南道に都落ちする。それで公開入札となったのだが、事前に明らかにされた鑑定価格は3兆3346億ウォン(約3500億円)だった。

 韓国の出生率は世界最低。人口減少スパイラルに突入することは必定で、土地価格は長期低落の見通しだ。それでも「ソウル都心に残る最後の一等地」ということで、4兆ウォン(約4200億円)台の落札を予想する声が高かった(実際に、2番札のサムスン財閥は4兆ウォン台だった)。

 が、現代自の入札価格は鑑定価格の3倍。しかも鑑定価格の4割をソウル市に寄付する条件が付いている。系列各社の本社をすべて収めるため100階建てビルを2棟、さらに自動車をテーマにしたコンベンション施設を建設するそうで、総費用は20兆ウォン(約2兆1000億円)を上回ると予想されている。現代自1社の営業利益のおよそ2年半分だ。

 

注目情報(PR)

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

毎日25分からのオンライン英会話。スカイプを使った1対1のレッスンが月5980円です。《体験無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。