香港民主派によるデモ拡大 米・台湾も支持表明で中国に大打撃 (1/2ページ)

2014.09.30

 香港の民主派による中国政府への抗議デモが拡大している。中国で大型連休が始まる10月1日の国慶節(建国記念日)を前に、デモは30日も続き、金融街セントラル(中環)の隣接地区など計3カ所で幹線道の一部を占拠している。香港当局が有効策を打ち出せないなか、米国や台湾などが民主派を支持し始めた。中国政府が猛反発する可能性もありそうだ。 

 次期行政長官選挙から民主派を“門前払い”する制度改悪に反発した、学生や市民ら数万人の占拠は3日目を迎えた。中国政府の決定が覆る見通しはないが、民主派は「親中派」の梁振英行政長官の辞任を求めるだけでなく、10月1日に「第2段階」の抗議行動を発表する予定で、収拾のメドは立っていない。

 香港警察は中環周辺で28日夜から29日未明にかけて、100発近い催涙弾を使ってデモ隊の強制排除を試みた。負傷者は40人を超え、中国政府や香港警察の強権的な姿勢が全世界に広まった。

 こうした動きに対し、香港の民主派を支持する動きが出てきた。

 アーネスト米大統領報道官は29日の記者会見で「米政府は香港情勢を注視している。香港の安定と繁栄には、可能な限りの高度な自治が必要だ」「香港の人々が熱望していることを支持する」と語り、デモ隊の要求は妥当との見方を示した。

 そのうえで、オバマ大統領が11月の北京訪問の際に行う中国の習近平国家主席との首脳会談で、集会の自由など「基本的人権」の問題を取り上げるとの見通しを示した。

 

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。