【新・悪韓論】仁川アジア大会は「史上最低」の評価 韓国メディア「世界に恥さらした」 (1/3ページ)

2014.10.02


トラブル続きで韓国マスコミにまでお粗末な運営を批判された仁川アジア大会(森田達也撮影)【拡大】

 韓国・仁川(インチョン)で開催されているアジア大会の評判が最悪だ。サッカー男子準決勝・日韓戦の会場で、日本の初代総理大臣で初代韓国統監の、伊藤博文を暗殺したテロリスト、安重根(アン・ジュングン)の肖像画が掲げられただけでなく、各国選手があきれ果てるトラブルが続発しているのだ。中国メディアも「スキャンダルだらけ」と指摘する同大会について、ジャーナリストの室谷克実氏が迫った。

 仁川アジア大会は、今週末まで日程を残すが、早々と施設の質、大会運営の面で「史上最低の大会」との評価が固まってしまったようだ。決して“嫌韓派”が言っているのではない。韓国のマスコミが「世界に恥をさらした」と批判しているのだ。

 日本のマスコミは、サッカー練習場にシャワーがなかったこと、選手村のエレベーターが動かず22階まで上り下りしたこと、浴室の排水口が詰まっていたことなどを挙げ「アウェーの洗礼」と報じた。

 だが、選手村の件は日本を標的にしたわけではない。韓国人なら「新築マンションだって、そのぐらいは当たり前」と思うはずだ。彼の国の建築とは、その程度のレベルなのだ。

 韓国の通信社「ニューシス」の仁川本部長が、同国CBCテレビ(9月24日)に語ったところでは、「タイ野球チームは照明がつかずナイター練習ができなかった」「300億ウォン(約31億2660万円)かけた新しい射撃場なのに、選手たちが利用できるロッカーがない」「トイレットペーパーのないトイレがある」。

 そして、圧巻は「配管がうまくなく、尿が(会場外に)漏れ出ているところがある」。

 

注目情報(PR)

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。