韓国経済、アジアで“最悪”更新中 朴槿恵政権の“失政”も要因に (1/3ページ)

2014.10.03


トラブル続きの仁川アジア大会。開会式でにこやかに手を振っていた朴大統領の政策運営も問題だらけだ(共同)【拡大】

 仁川(インチョン)で開催中のアジア大会では日本、中国とメダル争いを展開する韓国だが、家計の負債(借金)比率では、すでにアジアのトップを独走している。さらに、業績に陰りがみえるサムスン電子や現代(ヒュンダイ)自動車など主力企業の株価急落によって、国民年金にも巨額の評価損が発生。朴槿恵(パク・クネ)政権の混乱も国民生活の足を引っ張った。韓国経済が“借金漬け”の状況から抜け出せるかは不透明だ。

 韓国銀行(中央銀行)のデータによると、今年6月末時点の家計の負債額は1040兆ウォン(約108兆円)となった。昨年末に1000兆ウォンを突破した後も借金増のペースは落ちず、5四半期(15カ月)連続で過去最高を更新した。

 ドイツの保険大手、アリアンツが公表した世界の富に関する調査「グローバル・ウェルス・リポート」では、世界各国の家計負債の状況についてまとめている。それによると、韓国の2013年の家計負債は国内総生産(GDP)比で92・9%と、08年の84・3%から拡大した。

 何かにつけて日本に対するライバル意識をむき出しにしがちな韓国だが、日本の家計債務のGDP比は13年時点で80・7%。この統計をみると、韓国はまぎれもなく「アジアでトップの家計負債大国」といえる。

 背景にあるのは住宅ローンや住宅担保ローンなどの増加だが、これは今後もさらに拡大する恐れがある。というのも、景気低迷を受けて韓国政府は7月に緊急経済対策を打ち出したが、その柱の一つが住宅ローンの規制緩和なのだ。

 『韓国経済崖っぷち』(アイバス出版)の著書がある週刊東洋経済元編集長の勝又壽良氏はこう解説する。

 

注目情報(PR)

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。