自由と民主を守る 香港デモ著名活動家・金鐘氏が夕刊フジに独占激白  (1/2ページ)

2014.10.04

 香港の民主派学生らによる中国政府への抗議デモ「雨傘革命」は、予断を許さない情勢が続く。そんななか、現地の著名民主活動家が夕刊フジの取材に応じ、緊迫した状況を激白した。中国人民解放軍による血の弾圧が行われた1989年の天安門事件の再来も懸念されるが、活動家は「香港市民は体を張って軍の侵入を阻止するだろう」と指摘。習近平国家主席率いる独裁政権と対峙(たいじ)する香港市民の悲壮な決意を明かした。

 大規模デモは4日で1週間。3日には九竜地区の旺角(モンコック)でデモ反対派が学生らに暴行を加え、警察官6人を含む計18人が負傷、少なくとも19人が逮捕された。「親中派」がデモ隊を襲ったとの見方もある。4日に入っても両者のにらみ合いが続いた。

 梁振英(リョウ・シンエイ)行政長官は2日、学生側が求めていた対話受け入れを発表したが、学生側はデモ反対派の暴力を警官隊が止めなかったと主張し、双方の信頼関係は崩壊。対話が始まる目途は立っていない。

 「香港市民は、香港が中国に返還された97年から17年間、中国政府にだまされてきた。その仕打ちに耐えられなくなり、自由と民主を守るために立ち上がった」

 「雨傘革命」の背景について、こう説明するのは、オピニオン誌「開放」編集長で民主活動家の金鐘(キン・ショウ)氏。中国・湖南省出身の金氏は1980年に香港に移住。2008年には、ノーベル平和賞を受賞した作家の劉暁波(リュウ・ギョウハ)氏(58)らとともに、インターネット上で中国共産党の一党独裁体制の終結を訴えた宣言文「零八憲章」を発表するなど、民主化運動での中心的な役割を担っている。デモ隊にとって「理論的支柱」といえる存在だ。

 

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。