検察の暴挙許した朴大統領、その心理を分析 「孤立覚悟で周囲見えてない」 (2/3ページ)

2014.10.11

 新潟青陵大大学院の碓井真史教授(社会心理学)は、「今回の件に関しては、国際社会のみならず韓国メディアからも批判を浴びている。『周囲から孤立してもいい』という覚悟があっての判断なのだろう。まじめ過ぎる性格の人がとりやすい反応だ。そういう人は余裕がない状況に追い込まれると、周囲が見えなくなってやり過ぎてしまう」と分析する。

 朴氏は、朴正煕(パク・チョンヒ)元大統領の娘として、エリート一家に育った。自叙伝『絶望は私を鍛え、希望は私を動かす』(晩聲社)などによると、名門の聖心女子中学校で禁欲的な寮生活を送り、研究者を目指してミッション系私立大学の西江大で電子工学を専攻した。自ら「勉強の虫」を自称し、成績は常にトップクラス。大学を首席で卒業するなど、模範的な学生だった。

 正義感が強く、頑固な一面から「話が通じない」という意味で「不通(プルトン)」と皮肉まじりの呼称もある。ことあるごとに手帳にメモを取ることから、「手帳姫」とも呼ばれている。

 壮絶な悲劇も経験している。フランス留学中の1974年に母の陸英修(ユク・ヨンス)氏が、79年には父が暗殺された。母を暗殺した犯人は大阪で生まれ育った在日韓国人。こうした特異な性格や気質、「反日」姿勢に影響しているのか。

 韓国事情に詳しい『コリア・レポート』編集長の辺真一氏は「朴氏を語るうえで、もう1つ、欠かせないキーワードが『自己犠牲』だ。大統領の令嬢ということで、女学生時代からアンタッチャブルな存在で、厳しい逆風にさらされたことがなかった。それゆえに、理想主義的な正義感をいまだに持ち続けている。生涯独身を貫いているのは、『自分は国家と結婚した』という意識ゆえだろう」と語る。

 

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。