検察の暴挙許した朴大統領、その心理を分析 「孤立覚悟で周囲見えてない」 (3/3ページ)

2014.10.11

 朴氏が政治活動をスタートさせたのは、アジア通貨危機が起きた1997年。その時の心境を自叙伝に「私は『政治家朴槿恵』の道を行くことに決めた。大韓民国発展のため、自分の生活を全てささげる覚悟を固めた」とつづっている。

 そんな朴氏だけに、自身が選挙で選ばれた大統領(公人)であり、その論評は「報道の自由」の範囲内であるのが世界の常識だとしても、前出のような噂に触れられるのは、我慢できなかったのか。

 先の碓井氏は「国に身をささげるという思いが強すぎるがため、自身の私生活の話題が出たことに過剰な反応をしてしまったのではないか。女学生のようなメンタリティーがあるのだろう。朴氏は、自分自身に『韓国民の理想的な母親像』や『聖母像』を投影している。そのイメージを傷つけられたのが、何より許せなかったのかもしれない」と分析する。

 朴氏は自叙伝で、こんな本音もみせていた。

 「誰もがしている合コンにも一度も行けず、友人たちと一緒に夜遅くまで街中を歩くこともない」「思えば、私の人生に恋愛らしきものは一度もなかった」

 祖国のために、自らを犠牲にしてきた朴氏には頭が下がる。ただ、今回の在宅起訴によって、その愛する祖国が、世界中から「言論弾圧国家」「まともな民主主義国家ではない」とみられているのも事実だ。

 

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。