韓国ライブ観客落下事故「典型的な人災」 繰り返される惨事に批判噴出 (1/2ページ)

2014.10.18

 起こるべくして、起きた事故か。17日、韓国・ソウル郊外の城南にある野外コンサート場で起きた換気口の崩落事故。なぜ換気口のふたは崩れ落ちたのか、なぜ16人もの死者を出してしまったのか。本格的な原因究明はこれからだが、韓国国内ではすでに「『安全な国』の確約はまたも空念仏」といった批判も上がり始めている。この国はいったいどうなっているのか。

 事故は17日午後に起きた。人気女性グループ「4Minute(フォーミニッツ)」ら複数のアーティストが出演するイベント中、地下駐車場の換気口のふたが崩れ落ち、上に乗っていた観客25人が、約10メートル下の地下駐車場に落下した。地元消防によると、16人が死亡、9人が重傷を負ったという。

 崩れ落ちた換気口のふたは、金属でできた数メートル四方の格子状。ステージから数十メートル離れており、捜査当局が原因などを詳しく調べているが、観客の重さに耐えられず、ふたが壊れたとみられる。イベントが開かれた野外公演場はショッピングモールの一角にあり、事故当時、約700人の観客が集まっていたという。

 

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。