【外信コラム】朴大統領、頭が痛い“人脈管理” 血筋利用しうまい汁?

2014.10.18

 韓国は血縁重視社会だからその呼称は複雑で、外国人にはなかなか分かりにくい。それも父方、母方で呼び方が違っており、同じオバでも父方は「コモ」で母方は「イモ」くらいは何とかなじんだ。兄弟、姉妹の夫人や旦那となるといつもこんがらがるが、姉や妹がその兄弟の夫人のことを言う「オルケ」は妙な語感なので覚えた。

 最近、さる新聞の1面トップ記事に朴槿恵大統領の「外オイ」の会社が最近、羽振りがいいのは怪しい、政府から何か特恵を得ているのではないか?という“疑惑ウワサ報道”が出ていた。中身はたいした話ではないが大見出しになっている「外オイ」がよく分からない。

 記事を読むと大統領の母(故人)の姉(故人)の娘の息子、つまり母方のイトコの子だから「外オイ」という。報道はその人物が大統領の血筋を利用して何かうまい汁を吸っているのではないかというわけだ。いかにも韓国らしい。

 一方、大企業の社長に「青瓦台(大統領官邸)の○○秘書官だけど、知り合いの○○を訪問させるから就職よろしく」とニセの電話をかけ、社長に会ってまんまと就職した男がいた。権力をめぐる韓国社会の実情はこれだから大統領は“人脈管理”に頭が痛い。人間関係には細心の注意を払わざるをえない。(黒田勝弘)

 

注目情報(PR)

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。