【新・悪韓論】朝鮮日報、今度は「赤旗」にスリ寄り 朝日新聞は見捨てられたのか… (1/2ページ)

2014.10.23


韓国大手紙「朝鮮日報」は、日本共産党の機関紙「しんぶん赤旗」を評価している【拡大】

 朝鮮日報といえば、韓国で最大の発行部数を誇る日刊紙だ。長らく日本の朝日新聞に“兄事”(兄に対するように事=つかえ=る)してきたのだが、ここにきて兄事の対象を変えるような動きが出てきた。新たな兄事紙になりそうなのが、何と、日本共産党の機関紙「しんぶん赤旗」だ。

 朝鮮日報の“朝日兄事”といえば、「強制連行による従軍慰安婦」に関する記事が有名だが、東京電力福島第1原発の吉田昌郎元所長証言でも遺憾なく発揮されていた。

 朝日が今年5月20日、吉田元所長の証言録によるとして「所員の90%が逃げた」とやるや、朝鮮日報は翌日には、朝日の記事に全面依拠した記事を載せた。外国マスコミの転電や引用は、どこの国のマスコミにとっても「基本作業」であり、何ら非難すべきことではない。

 しかし、ジャーナリストの門田隆将氏の調査論文や、産経新聞などの報道で、その朝日記事がメタメタになっている状況でも、朝鮮日報の東京特派員は慰安婦報道の件も合わせて、こう書いた。

 「数十年にわたって旧日本軍の慰安婦問題の真実を伝え『日本の良心』と評されている朝日新聞の根気と執念は、原発事故をめぐる報道でもそのまま表れている」(2014年8月8日)

 同じ日の紙面では、前東京特派員が「旧日本軍の従軍慰安婦をめぐる朝日新聞の闘いは20年以上になる。加害者の国の新聞が常に被害者側に立って闘ってきたのだから、孤立し疲れが見えてきた。これを知恵を持って助ける方法が韓国政府にはあるはずだ」とまで書いている。まさに異様な“入れ込み”だった。

 

注目情報(PR)

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。