カナダ騒然、銃乱射 射殺後勝ち誇って国会議事堂侵入 テロの脅威が先進国にも (1/2ページ)

2014.10.23

 国会議事堂での銃撃戦という異常事態だ。カナダの首都オタワで22日、男が警護中の兵士1人を銃で殺害、銃を乱射した末、当局に射殺された。容疑者はカナダ国籍の32歳で最近イスラム教に改宗、当局が「危険人物」としてマークしていた。

 カナダではイスラム教に改宗し過激思想に傾倒した男(25)が兵士を殺害したばかり。ともに過激派「イスラム国」などの思想に共鳴し、事件を起こした可能性が強まった。テロの脅威は先進国にも及んでいる。

 ハーパー首相はテレビ演説で事件はテロとの認識を示し「カナダを安全にするためあらゆる措置を取る」と表明した。

 治安が良いことで知られるオタワ中心部。政府機関や各国の大使館などが立ち並ぶ地域で、戦没者慰霊碑を警護中の兵士が男に銃撃された。銃を持った男は黒ずくめの服装で顔半分を覆い、勝ち誇ったように両手を掲げ、道路を挟んだ向かい側の連邦議会の議事堂に走り込んだという。

 議事堂で男と警察による銃撃戦となり、数十発の銃声が鳴り響いた。議会関係者は議場のドアにイスや机でバリケードを作り、ハーパー首相は別の場所に避難した。

 銃撃犯は議事堂内で射殺されたとみられる。議会の警備員らとみられる数人がけがをしたが安定した状態とされる。

 

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。