【新・悪韓論】「日本=ナチス」のイメージ植え付ける“用語の悪魔的すり替え” (1/2ページ)

2014.11.20


韓国では「旭日旗」を「戦犯旗」と言い換えている(ロイター)【拡大】

 韓国のジャパン・ディスカウント運動を定義すると「材料は何でもいいから、国際社会で日本を貶めることを狙った組織的活動」とでもなろうか。朴槿恵(パク・クネ)大統領のいわゆる「告げ口外交」も、その一環と位置付けられる。この運動の技術的側面で注視すべきは「用語の悪魔的すり替え」だ。

 「悪魔的すり替え」の古典的例を挙げよう。

 「みんなと仲良くするのと、1人だけと仲良くするのと、どっちがいい」と問われたら、誰だって「みんなと…」と答えるだろう。

 そういう心理につけ込んだのが、終戦直後の1946年、日本の左翼陣営が仕掛けた「全面講和か単独講和か」の論争だった。

 ソ連を含めて講和条約を結ぶか、ソ連を除いた諸国と結ぶか−。米ソが対立する冷戦時代であり、米ソ両陣営と同時に講和することはできなかった。さらに「ソ連を除いた諸国」とは、実は圧倒的多数だった。

 だから実際には、ソ連を含めた実現不能な講和をいつまでも夢想するか、圧倒的多数の国々と直ちに講和条約を結び占領下から脱するか−の選択だったのに、左翼陣営の学者グループは「全面講和か単独講和か」と、悪魔的すり替えに成功して世論をリードした。

 ちなみに、当時の吉田茂首相が「曲学阿世の徒(=真理を曲げて、世間に迎合する言動をする人)」と非難したのは、全面講和論の中心にいた南原繁(当時、東大総長)のことだ。

 韓国の政権はいま、国内でも国際舞台でも「安倍政権は歴史修正主義」と述べている。

 「修正するのは、良いことか、悪いことか」。日本語で「修正」と言えば、「不適当・不適切なところを改め直すこと」なのだから、日本人は「良いこと」と思うだろう。

 

注目情報(PR)

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。