【海外事件簿】IKEA、韓国消費者から追い打ち 「日本海」表示問題はさらに拡大… (1/3ページ)

2014.11.22


 イケアのホームページに掲載されているインテリア用世界地図(聯合=共同)【拡大】

 【ソウル=名村隆寛】韓国で第1号店出店を12月に控えたスウェーデン家具大手イケアが、現地法人のホームページと商品に英文で「SEA OF JAPAN(日本海)」と表記していると、韓国国内で猛反発を受けている問題が、さらに波紋を広げている。

 騒ぎの発端は、ホームページに「日本海」との表記があったこと。引き続き、世界地図を描いた壁掛けの装飾品にも「日本海」と書かれていることが分かり、非難の火に油が注がれた。また、「商品価格が日本など他の国よりも高く設定されている」との批判も続いている。

 17日に「遺憾とおわび」を表明したイケアは、「韓国国内では(問題の装飾品を)販売しないことを決めていた」などと説明したが、これがさらに韓国のメディアや消費者の怒りをあおることになった。「韓国以外の各国で『日本海』と書かれた商品を売るとは何事か!」というわけだ。韓国が主張する「東海」にするか、もしくは「東海・日本海」と併記すべきだ、との主張だ。

 イケアは17日に続き、19日にも韓国メディアなどを招き、説明のための懇談会を開いた。しかし当初、会場として予定していたソウル駅構内は使えなかった。韓国鉄道公社(KORAIL)が世論を気にしたのか、場所を提供しなかったためだ。仕方なく懇談会は、12月18日オープンに向けて現在も工事中の、イケア韓国第1号店(京畿道光明市)に場所を変えて行われた。

 韓国メディアによれば、イケア側は「日本海表記」をめぐり再度謝罪し、「(問題の)世界地図を修正するかを本社と協議している」と説明した。

 

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。