【海外事件簿】IKEA、韓国消費者から追い打ち 「日本海」表示問題はさらに拡大… (2/3ページ)

2014.11.22


 イケアのホームページに掲載されているインテリア用世界地図(聯合=共同)【拡大】

 韓国で不満が上がっている価格設定については「米国や中国よりも韓国の方が安い商品もある」と具体的な商品名を挙げた。さらに、韓国での物流費用や関税、付加価値税が他国とは違うことや、ウォン高傾向にある為替レートも価格差の原因であるとした。物流費に関しては、中間業者(物流センター)を通さなければならないという、韓国内での特殊な事情もあるという。

 イケアの出店については、日本で商品だけでなく店舗施設のユニークさが好評だとの情報もあり、韓国では第1号店のオープンを楽しみにする声が多かった。しかし、「日本海」表記への反発という民族の“自尊心”や“愛国心”によって、祝福すべき新規開店に水が差されたかたちだ。

 イケアに反発する韓国のメディアや消費者は事実上、「日本海と表記した商品を韓国以外でも売るな」と主張しており、懇談会ではなんと「リコールの計画」についての質問も出たという。イケア側は、「安全性に問題がある商品はリコールの対象となる」とし、韓国以外での日本海表記の商品を店頭から引き揚げる考えがないことも表明した。

 韓国メディアなどは納得しておらず、さらにイケアが公表した時給が「水増しされていた疑惑」などを持ち出し、攻撃を続けている。インターネット上では「イケアに韓国消費者の力を見せつけよう!」などとの書き込みによる呼びかけも続出しており、鼻息が荒い。イケアでは今月末にカタログ200万部を作り、配布する予定だが、開店目前に不買運動の動きも出ている。

 

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。