【新・悪韓論】“ナッツ姫”は好都合のスケープゴート 「政権の姫」の“秘線”問題は影薄く… (1/2ページ)

2014.12.25


ソウル西部地検に出頭し、報道陣に囲まれる大韓航空の趙前副社長(共同)【拡大】

 「政権の中心にいるお姫様(朴槿恵=パク・クネ=大統領)」が、「KAL(大韓航空)のお嬢様(趙顕娥=チョ・ヒョナ=前副社長、ナッツ姫)」を、万能のスケープゴートにしている−。

 「ナッツリターン事件」の政治的構図とは、こんなものだろう。「政権の請負告訴屋」と呼ばれるほど威信が落ちた検察が、懸命に燃料を注いでいる。国民の憎悪の的になっている「ナッツ姫」を苛(いじ)めることが、検察にとっても最善の保身策と見定めたのだろう。

 が、ここにきて、韓国の検察が大いに悩みそうな政界スキャンダルが、またもKAL絡みで浮上してきた。

 野党第1党である新政治民主連合の文喜相(ムン・ヒサン)非常対策委員長をめぐる問題だ。非常対策委員長とは、何とも厳(いか)めしい肩書だが、臨時執行部の代表のことだ。つまり、臨時とはいえ野党第1党の党首なのだ。

 彼が「10年前に側近を通じ、妻の弟が大韓航空に入社できるよう請託をした問題」と朝鮮日報(2014年12月20日)は書いている。それしきのことが問題なのかと、誰でも思うだろう。

 が、同じ韓国紙でも東亜日報(同)によると、「文氏は04年3月、大韓航空の趙亮鎬(チョ・ヤンホ)会長に頼み込んで、義理の弟を米国の大韓航空の関連会社に就職させた。義理の弟は勤務もせず、04年から12年までに74万ドル(約8800万円)を給与の名目で受け取った」という。

 勤務実態ゼロで74万ドルとはすごい。義弟から文氏への資金還流があったのか、どうかは分からない。なかったとしても、韓国刑法では「第3者賄賂供与罪」になるだろう。

 

注目情報(PR)

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。