日本全国に浸透し始めている「赤い貴族」のチャイナマネー 資金洗浄か 京都の割烹旅館が…  (1/2ページ)

2014.12.25


習国家主席【拡大】

 中国全土を揺るがせた胡錦濤前国家主席の側近、令計画・人民政治協商会議副主席の失脚劇。習近平国家主席による権力闘争の色合いも濃いが、中国共産主義青年団(共青団)出身者で構成する「団派」の実力者である令氏一族の不正蓄財も注目されている。中国メディアによると計370億元(約7100億円)ともされる巨額資産の一部が日本の京都にあるというのだ。

 香港の大衆紙「蘋果日報(アップルデイリー)」など複数の中国メディアによると、令氏の隠れ資産とされるのは、京都市東山区にある数寄屋造りの木造2階建て邸宅。周囲に神社仏閣や旅館などが建ち並び、かつて老舗の高級割烹(かっぽう)旅館として営業していたという。

 登記簿によれば、土地と建物には6000万円〜2億円まで複数の抵当権が設定されていたが、2012年2月にタックス・ヘイブン(租税回避地)として知られる英領ヴァージン諸島に私書箱を設置する会社が購入した時点で抹消された。

 中国メディアは、この会社が令氏の親族が設立したペーパーカンパニーであると伝えた。同時にこの不動産取引に絡んで令氏の親族が3・8億ドル(456億円)の資産を動かしたとしており、資産運用目的だった可能性を示唆する。いち不動産の取引としてはあまりに巨額なため「複数の不動産売買や金融取引がなされた可能性もある」(市場関係者)という。

 施設関係者は24日、夕刊フジの取材に応じ、取引の経緯を「2年前、中国の社長さんに5億円で売却したと聞いてます」と説明。中国メディアが報じる令氏との関連についてただすと「相手さんのことはよく知りません。10年ほど前、京都迎賓館を手掛けた名工の手で建て替えられ、そのまま別荘として使われているようです。中国にいる社長さんのめいが日本での代理人を務めていると聞いている」と話した。

 

注目情報(PR)

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。