ナッツ副社長で注目 サムスン財閥3世は大丈夫か 世襲失敗なら韓国経済を直撃 (1/3ページ)

2014.12.25


サムスンの次期総帥と目される李在鎔氏(AP)【拡大】

 韓国最大の財閥、サムスンの「世襲」が注目を集めている。2代目総帥としてグループを急成長させた李健煕(イ・ゴンヒ)サムスン電子会長が病気で経営の一線を離れ、長男で46歳の在鎔(ジェヨン)副会長への後継準備が進む。ただ、韓国内では大韓航空の「ナッツ・リターン」騒動を機に財閥への不満が噴出しており、「3代目」が経営を牛耳ることへの批判がサムスンにも飛び火しかねない。業績の立て直しも急務で、後継の成否は韓国経済の行く末も左右しそうだ。

 韓国の財閥、韓進(ハンジン)グループ傘下の大韓航空で、前副社長の狼藉ぶりが報じられていた今月18日、「第一毛織(チェイル・インダストリーズ)」という企業の株式上場が話題となった。ファッションや建設、テーマパーク運営などを手掛けるこの企業の旧社名はサムスン・エバーランド。総資産331兆ウォン(約36兆円)のサムスン創業一族にとって欠かせない企業だ。

 健煕会長の長男、在鎔氏が株式の約25%、健煕氏の長女でホテル新羅社長の富真(ブジン)氏と、次女で第一毛織のファッション部門社長の叙顕(ソヒョン)氏が約8%を保有する第一毛織は、サムスン生命保険株の約19%を保有、そしてサムスン生命がグループの中核企業であるサムスン電子株の7%超を保有する仕組みだ。

 11月にはIT系のサムスンSDSも上場させるなどグループの資金調達が矢継ぎ早に行われた理由は、経営戦略上の必要性というより「相続税支払いと財閥に対する政府の規制強化に対応するため」(ブルームバーグ)との見方もある。サムスン財閥の世襲はそこまでの一大事というわけだ。

 

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。