【新・悪韓論 特別版】日本にスリ寄り失敗すれば韓国は沈没する… ジャーナリスト・室谷克実氏 (1/2ページ)

2015.01.05


会談を前に韓国の朴槿恵大統領(左)と握手する中国の習近平国家主席=10日、北京(聯合=共同)【拡大】

 韓国の朴槿恵(パク・クネ)大統領の任期は、2018年2月までだ。まだ5年間の任期の折り返し点にも来ていないのに、そのレームダックぶりは隠しようもない。

 内政、経済、外交、何ごともうまくいかないとはいえ、「世の中が終わる日が悩みも終わる日だ」などと人前でつぶやくとは為政者としての気力も疑われる。

 政権内部の暗闘に野党の大攻勢、そして暗い経済。その中で「2015年は日韓国交50周年だから」と日本へのスリ寄りを見せるのは“わらをもつかむ気持ち”なのかもしれないが、これもうまくはいかないだろう。

 最高権力者は雲の上にいて、ナンバー2が実務の采配を振るう政治文化は、新羅王朝の昔からの伝統だ。その中では、ナンバー2を追い落として実権を握ろうとする勢力が派閥をつくり、策動する。

 14年末に明らかになった政権の内部監察文書の外部流出、そこに書かれていた内容は朴政権がまさに新羅以来の伝統の中にあることを示す。

 実は、同年春から噂されていた問題だが、公然化した時期がいかにも悪かった。セウォル号沈没事件で地に落ちた大統領の権威。それが未回復の中で、公職に就いていない「秘線(密会相手)」がナンバー2(大統領府秘書室長)の追い落としを狙って、大統領府や中央官庁の人事に影響力を発揮してきたというのが、内部監察文書の内容だ。

 

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。