同時強行作戦 容疑者3人射殺、人質4人死亡 仏紙銃撃テロ

2015.01.10


テロ容疑者が立てこもっていた商店に警察が突入後、現場に入るレスキュー隊員ら=9日、パリ(AP)【拡大】

 【パリ=宮下日出男】フランスの風刺週刊紙シャルリー・エブドの本社が銃撃された事件で、仏特殊部隊は9日、逃走中の犯人が立てこもっていた北東部ダマルタンアンゴエルの印刷工場に強行突入し、容疑者2人を殺害した。直後には、パリ東部ポルトドバンセンヌで起きたユダヤ系食料品店にも突入、容疑者1人を殺害したが、人質4人も死亡した。

 ダマルタンアンゴエルで殺害されたのは、シャルリー・エブド紙銃撃事件の実行犯で、アルジェリア系フランス人のサイド・クアシ(34)、シェリフ・クアシ(32)の両容疑者。

 ポルトドバンセンヌで殺害されたのは、アメディ・クリバリ容疑者(32)。クリバリ容疑者と行動をともにしていたとみられる女(26)は、逃亡した可能性がある。

 両現場の立てこもり事件はいずれも9日に発生。捜査当局は午後5時(日本時間10日未明)ごろに印刷工場、その直後に食料品店に突入した。

 オランド仏大統領は9日夜、テレビ演説を行い、ユダヤ系食料品店への襲撃について「ぞっとするほどの反ユダヤ主義的行動だ」と非難する一方、「狂信者はイスラム教徒は関係ない」として、反イスラム感情が高まることが懸念される国民に団結を呼びかけた。

 

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。