ゲイツ氏や経済界大物「暗殺リスト」存在か 欧米、中国にテロ拡散の恐れ 仏紙襲撃犯射殺 (1/3ページ)

2015.01.10


サイド・クアシ、シェリフ・クアシ両容疑者が立てこもる現場で、銃を構える特殊部隊の狙撃手。銃撃戦の末、容疑者らは死亡した=9日、パリ北東のダマルタンアンゴエル(ロイター)【拡大】

 フランスの風刺週刊紙シャルリー・エブドの本社が銃撃され、12人が殺害された事件で、逃走中の容疑者兄弟2人はパリ北東の印刷所に立てこもり、9日夕方(日本時間10日未明)、突入した警察の特殊部隊によって射殺された。一方、パリ東部でも別の人質立てこもり事件が発生し、9日夕方に特殊部隊が突入、容疑者と人質を含めて5人が死亡した。パリ周辺で連鎖した「テロ」の脅威は、欧米や中国にも拡散する可能性が指摘されている。経済界の大物らを“名指し”したイスラム過激派の「暗殺リスト」も存在するとされ、世界中に緊張感が走っている。 

 世界を震撼(しんかん)させた週刊紙銃撃事件は、7日の発生から3日目に急展開した。

 逃走中だったアルジェリア系フランス人の兄弟、サイド・クアシ(34)、シェリフ・クアシ(32)の両容疑者は9日午前(日本時間同日夕)、パリ北東約35キロのダマルタンアンゴエルの印刷所に人質1人を取って立てこもった。特殊部隊が周囲を包囲し説得を続けたが、同日午後4時50分(同10日午前0時50分)ごろ、部隊が突入し、兄弟を射殺した。人質は無事だった。AP通信によると、2人は電話で接触した当局に「殉教者として死にたい」と話したという。

 一方、パリ東部ポルトドバンセンヌ付近では9日、武装した男がユダヤ系食料品店で少なくとも人質5人を取って立てこもった。パリ南方で8日、女性警官を射殺した事件と同一犯とみられ、警察は9日、この男はアメディ・クリバリ容疑者(32)と断定した。

 

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。