【新・悪韓論】プレ五輪開催は絶望的… 平昌五輪準備遅れのウラに“ナッツ姫”の影 (1/2ページ)

2015.01.15


平昌冬季五輪の準備はなかなか進まない【拡大】

 2018年2月の平昌(ピョンチャン)冬季五輪は、1年前のプレ五輪が開かれないまま、いきなり本番開催となる可能性がある。競技場・施設建設が遅々として進まないためだ。

 開催まで、あと3年半となった時点で、韓国紙「朝鮮日報」(14年8月13日)は「開催1年前に競技場施設や運営状況を事前チェックするため、開催地の競技場でテストイベントを行う。平昌五輪のテストイベントは17年2月がふさわしいとされている。このため、16年10月までには全工事を終えていなければならない」と書いた。

 本番1年前のテストマッチ(プレ五輪)は、しっかりと認識されていたのだ。もっとも、この記事は「それなのに…」という趣旨だったが。

 それから5カ月、「朝鮮日報」(15年1月8日)は「準備遅れの平昌五輪、今こそ決断の時だ」と題する社説を掲げた。そこに、こうある。

 「遅々として準備が進まない状況が今もなお続いている。まず競技場や周辺施設の建設が予定よりも遅れ、これらが計画通り完成するのかさえ見通せない状況だ」

 「新たに建設される6カ所の競技場は、まず、着工の段階から招致申請書に記載された予定日よりも平均で2年半遅れ、いずれも昨年6〜10月にようやく工事が始まった。現在の進捗(しんちょく)状況はわずか6〜14%にとどまっている」

 「アルペンスキーとスライディングセンターは17年12月に完成予定」

 16年10月までに全工事を終え、17年2月にはプレ五輪という日程は、消えてしまったようだ。オリンピック憲章を見れば、プレ五輪は必ずしなければならないわけではないが、競技場・施設が「計画通り完成するのかさえ見通せない」とは何とも心細い。

 

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。