斬首指令男の残虐素性 ずぬけたカリスマ性で全権掌握 米が12億円の懸賞金 (1/3ページ)

2015.01.23


イスラム国最高指導者のバグダーディ容疑者は絶大な力を持つが、ナゾが多い(AP)【拡大】

 イスラム教スンニ派過激組織「イスラム国」が日本人2人を殺害すると脅迫した事件で、日本政府は身代金支払いの期限を「23日午後2時50分」と判断しており、事態は緊迫の度合いを深めた。異教徒を敵視して殺害するなど、組織の源流となった国際テロ組織アルカーイダをも上回る残虐性を持つイスラム国。そのトップは最高指導者のアブバクル・バグダーディ容疑者だ。「世界で最も危険な男」(米タイム誌)と称されるバグダーディ容疑者とは、どんな人物なのか。

 日本政府は23日も、フリージャーナリストの後藤健二さん(47)と湯川遥菜さん(42)の救出に向け、犯行組織との接触や、関係国などを通じた情報収集を急いだ。

 日本人2人の生命を危険にさらしているイスラム国最高指導者のバグダーディ容疑者。非常にナゾの多い人物として知られ、米政府が1000万ドル(約11億8000万円)の懸賞金をかけて行方を追うが、その消息は分かっていない。

 昨年11月。バグダーディ容疑者がイラク軍と米軍による空爆で負傷あるいは殺害されたとの情報が出回った。

 その直後、イスラム国は、インターネット上でバグダーディ容疑者の演説とされる音声メッセージを公開。約17分間の声明で「(イスラム国は)止まることなく拡大を続ける」と、健在ぶりをアピールした。

 バグダーディ容疑者は本当に生存しているのか。『イスラムのテロリスト』(講談社プラスアルファ新書)の著書がある軍事アナリストの黒井文太郎氏は、「イラク内務省の情報で、空爆の話が出た。空爆でナンバー2が殺害されたという話はあるが、バグダーディ容疑者は米政府周辺から『死亡』の情報が出てこないため、生存している可能性が高い」と話す。

 

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。