ビデオ映像にさまざまな“謎”「後藤さんの声とは違う…」 イスラム国日本人拘束事件 (1/2ページ)

2015.01.26


ネットに流れた後藤健二さんとみられる映像。その中身には多くの謎が残っている (ユーチューブから、一部画像処理しています)【拡大】

 イスラム教スンニ派過激組織「イスラム国」による日本人2人の拘束事件。イスラム国側が第2のビデオ映像をインターネットの動画サイトに投稿したが、この映像の内容をめぐってさまざまな疑問が指摘されている。消えた黒装束の男と組織のロゴ。人質となっているフリージャーナリストの後藤健二さん(47)の声について「本人のものではない」との証言もある。ビデオの謎を徹底検証する。

 24日夜、ネット上に公開されたビデオ映像。写真を手にした男性の静止画のバックで英語の音声が流れる。男性は後藤さんとみられ、後藤さんが手に持つ写真の右側に、湯川遥菜(はるな)さん(42)とみられる男性、左側に首のない胴体の上に頭部が乗るシーンが写っている。

 イスラム国側が投稿する従来のビデオ映像は、カメラアングルに変化を付けるなど凝った作りが多い。第2の映像は静止画と音声のみの簡素なもので、かなり対照的だ。

 『サイバー・イスラーム』(山川出版社)の著書がある中東研究センターの保坂修司副センター長は「『イスラム国』が制作した可能性は高いが…」とし、背景事情をこう推測する。

 「急いで編集した形跡がある。考えられるのは、イスラム国メンバーが、潜伏先を頻繁に移動させているということだ。西側諸国の諜報機関の追跡をかわすための対策だろう」。焦って作ったため雑になったと分析する。

 後藤さんのものとされる音声についても疑問の声は少なくない。「99%以上、後藤さんと同一」とする専門機関もあるが、2012年にシリア内戦の取材で、後藤さんと2日間行動をともにしたフリーカメラマン、八尋伸(やひろ・しん)氏は違和感を口にする。

 

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。