【新・悪韓論】現代自動車、営業利益9%減なのに配当は54%増の摩訶不思議… (1/2ページ)

2015.01.29


現代自動車本社=ソウル市【拡大】

 販売数量は増加し、売上高も微増したが、営業利益は落ち込んだ。営業利益率となるとガタ減りだった。コストが上がれば、そういうこともあるだろうが、「そこで配当を54%アップする」となると「何っ!?」だ。韓国・現代(ヒュンダイ)自動車の話だ。

 現代自動車グループが、ソウルの一等地8万平方メートルを、鑑定価格の3倍を上回る10兆5500億ウォン(100ウォン=11円の水準、約1兆1600億円)で落札したことは昨年9月24日付の本欄で紹介した通りだ。落札決定の発表と同時に、現代自の株価は9%下落した。

 ソウルの一等地に「現代自グループの大財閥村を建造する」という構想、その第一歩である用地の高値購入に、市場は大疑問符を付けたわけだ。

 以来、現代自の株価は続落、24万ウォン前後だったものが、昨年11月4日には15万5000ウォンまで落ちてしまった。

 ここで1つの問題が浮上した。

 現代自の株式を原資産として発行された株価連動型証券(ELS)の一部が、所定の償還条件が適用される下限であるノックイン価格(15万8700ウォン)を下回ったのだ。このELSの具体的設定がどうなっているかは明らかではない。ただ、満期時点でノックイン価格を下回っていると、投資家に膨大な損害が行く。

 ここで現代自が慌てたのは“よほど重要な人物”が、このELSを大量に保有しているからではあるまいか。

 

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。