日本とヨルダンをつないだ大物韓国人 日本人殺害脅迫事件 (1/2ページ)

2015.02.03


アンマンの日本大使館前で記者会見する中山副大臣(共同)【拡大】

 「イスラム国(ISIL)」による日本人殺害脅迫事件は、ワースト・シナリオで結末をみた。2月1日午前5時ごろ、ISILがフリージャーナリストの後藤健二さんを殺害したとする映像が、インターネットに投稿された。

 政府が、後藤さん救出にいちるの望みをつないでいた、ヨルダン政府とISILの水面下交渉が不発に終わったのだ。

 そもそも、なぜヨルダンだったのか。

 安倍晋三首相への第一報は、イスラエル滞在中の1月20日午後2時50分。最初のビデオ映像で日本人2人が「イスラム国」の人質になっていることを確認した外務省から知らされた。

 安倍首相の対応は早かった。同午後3時に邦人拘束事案に関する官邸対策室の設置を指示した。さらに首相に同行していた中山泰秀外務副大臣を直ちにヨルダンの首都アンマンに派遣した。

 中山副大臣は同日深夜、ヨルダン王宮府国王室長に面会。一方、安倍首相はほぼ同時刻、滞在していたエルサレム市内のホテルからアブドラ国王に電話し、人質解放への協力を求めた。

 中山副大臣は翌日夜、同国王を表敬し、政府として協力を正式要請した。これで「ヨルダン・ファクター」が始動した。

 この表敬実現に、裏面で動いた人物がいる。韓国人実業家の朴東宣(パク・ドンソン)氏(79)である。同氏は、朴正煕(パク・チョンヒ)大統領時代の1970年代後半、「コリア・ゲート事件」と報じられた韓国の対米議会工作の中心人物だ。

 

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。