「イスラム国」冒涜の焼殺でアラブ社会全体を敵に 有志連合が大規模報復へ (1/2ページ)

2015.02.05


報復宣言を行い、「イスラム国」壊滅を誓ったヨルダンのアブドラ国王 (AP)【拡大】

 炎に包まれて息絶えていくヨルダンの中尉−。イスラム教スンニ派過激組織「イスラム国」の残忍な焼殺処刑に世界が憤っている。土葬が一般的なイスラムの世界では火あぶりは最大の冒涜(ぼうとく)とされ、アラブ諸国は猛烈に激怒。ヨルダン国王は「大規模な報復」を表明し、米国主導の有志連合はさらなる結束を固め、蛮行を繰り返すテロ集団に対し、空爆、地上戦、資金封じ込めなどあらゆる手法で壊滅を目指す。

 黒い檻(おり)の中に閉じ込められたヨルダン軍のパイロット、モアズ・カサスベ中尉(26)が天を仰ぎ、目を閉じる。着せられたオレンジの囚人服には、ガソリンのような油が浴びせられており、たいまつから放たれた火は一瞬にして中尉を包み込み、燃え盛った。

 4日未明、インターネット上に公開されたイスラム国による中尉の焼殺映像は、国際社会、特にアラブ諸国に衝撃を与えた。

 中東情勢に詳しい軍事ジャーナリストの世良光弘氏は「イスラムでは土葬が一般的で遺体を火にかける行為はタブー視されている。最大の冒涜ともいえる火あぶりによる処刑で、(イスラム国は)アラブ社会全体を敵に回した格好だ」と解説する。

 今回の映像公開を受けてヨルダン国内でイスラム国への強硬論が高まっている。

 世良氏は「1月3日にすでに処刑されていたという報道もあり、余計に国民の怒りをあおった。世論の後押しを受けて、ヨルダンによるイスラム国への軍事介入が増し、アラブ諸国が一致団結して有志連合への軍事協力を加速させる可能性が出てきた」とも語る。

 

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。