残虐!リビアで21人殺害 「イスラム国」映像をネット公開 (1/2ページ)

2015.02.16


海岸沿いを引き回されるコプト教徒(AP)【拡大】

 イスラム教スンニ派過激組織「イスラム国」が15日、リビアで拘束していたエジプトのキリスト教の一派であるコプト教徒21人を殺害したとみられる映像をインターネット上に公開した。映像には、イスラム国の戦闘員が拘束した21人を斬首する様子も収められている。専門家は「残虐な映像を公開することで敵対するアラブ諸国に力を誇示する狙いがある」と指摘している。

 公開されたのは「十字架の国に向けた血で書かれたメッセージ」と題された約5分の映像。イスラム国の広報機関「アルハヤト・メディア・センター」のロゴマークが入っていることから、宣伝活動の目的で制作された可能性がある。

 映像は、戦闘員とみられる黒装束の男たちが、オレンジ色の囚人服のようなものを着させられた捕虜を海岸に引き連れてくる場面で始まる。捕虜は、イスラム国に忠誠を誓うリビアの過激派に拉致されたコプト教徒とみられる。

 海岸にひざまずかされた21人は黒いナイフを持つ戦闘員に一斉に首を斬られ、あふれ出した血が海を赤く染める残酷な場面で終わる。

 コプト教徒は、エジプトで紀元1世紀ごろから土着するキリスト教の一派で、人口の1割弱を占めるとされる。

 12日に公開されたイスラム国の英字機関誌「ダビク」が、リビアで「イスラム国の戦士が21人のコプト教徒を拘束した」と伝えていた。

 

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。