【新・悪韓論】朴政権が「大使テロ」を悪用 “被害者”装い同盟強調…米は冷ややか (1/2ページ)

2015.03.12


記者会見するリッパート駐韓米国大使。傷跡を隠す、絆創膏が痛々しい=10日、ソウル市内の病院(共同)【拡大】

 暴漢に襲撃されたマーク・リッパート駐韓米国大使(42)が10日、ソウル市内の病院を退院した。大使は記者会見で「雨降って地固まる。私の韓国への愛情はより深くなった」と外交上の社交辞令を語ったが、朴槿恵(パク・クネ)大統領率いる隣国の対応は、どうも理解不能だ。米国情報当局などが「事件の闇」に疑念を深めるなか、まるで自国も被害者のように振る舞い、政権浮揚などに“悪用”しようとしているという。ジャーナリストの室谷克実氏が迫った。

 韓国の政権・与党は、リッパート大使へのテロ事件を「奇貨」として、従北・反体制派を徹底的に取り締まる方針を固めたようだ。もちろん、取り締まられる側の反発は必至だが、それにより社会が騒然となることが、政権サイドのもう1つの狙いかもしれない。

 「社会を騒然とさせている分子」を“従北派と繋がった集団”としてたたくのだ。そもそもの原因は「従北派による米国大使へのテロ」なのだから、米国も「人権が…」とは言いづらい。

 さらに、「この事件で米韓同盟がいっそう強固になった」とする“官製認識”を広める。それにより政権は「対中行動の許容範囲拡大」について、米国から暗黙の承認を得られる−。韓国の政権・与党はこうした思惑のようだ。

 保守系新聞は早々と「大韓民国に対するテロだ」(中央日報、3月6日社説)と打ち出した。善良なる国民は、自分たちが包丁で顔を切られたわけではないが、「テロの被害者」の立場になったのだ。この認識に異議を唱える人間は“従北派”ということでもある。

 最大発行部数の朝鮮日報は「北朝鮮=悪」を大前提に、テロリストと北との関係を探るのに余念がない。

 朝鮮戦争でソウルが陥落した際、朝鮮日報は「金日成(キム・イルソン)将軍万歳」という見出し記事を掲載していたことが、ちょうど掘り起こされたばかり。「北朝鮮=悪」で突っ走らねばならないのかもしれない。

 

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。