駐韓米大使の襲撃犯が持っていた“お宝”

2015.03.15


故・金正日総書記の著作「映画芸術論」(日本語版)【拡大】

 駐韓米大使を刺して逮捕された韓国・ソウルの政治団体「私たちの庭 独島(竹島)を守り隊」の金基宗(キム・ギジョン)隊長(54)の家宅捜索で、北朝鮮関連書籍6冊が見つかったと韓国メディアが報じた。

 竹島を「南北で共同管理すべきだ」というのが持論で、過去に7〜8回も訪朝歴があるという金隊長は完全な親北派で、捜査当局は国家保安法違反という政治犯での立件も視野に入れているという。押収された書籍には故・金正日総書記の著作「映画芸術論」(1973年)が含まれていた。

 写真はその日本語版で、四六判350ページとスゴいボリュームだ。

 面白そうなタイトルで購買意欲がわくのだが、読んでみると政治思想の指導が多い上、抽象的な表現が多すぎる。

 一体、どんな映画を求めているのかがまったく見えてこない。金隊長がなぜこの本を大事にしていたのか、謎だ。 (北朝鮮ウオッチャー、金正太郎)

 

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。