ぎくしゃくする米英関係 オバマ政権がチャーチル胸像を倉庫に… (1/2ページ)

2015.03.18


米英関係の亀裂にチャーチルの呪いか(AP)【拡大】

 ホワイトハウスを埋めていた雪が消え、ポトマック川を覆っていた氷も溶けて、ワシントンは三寒四温の日々が続いている。世界的に有名なワシントンの桜のつぼみもふくらんできた。

 「ポトマック河畔の桜が咲き始めるのは20日頃になる。今月から、来月初めまで満開の桜を楽しむことができる」

 テレビのモーニングショーのキャスターがこう伝えた後、次のように付け加えた。

 「ポトマックの桜は、100年ほど前、日本から太平洋を越えてはるばる贈られてきた。贈り主である当時の東京市長オザキ(尾崎行雄)は、日本と米国の関係にとって重要な人物といえる」

 米国のモーニングショーが、桜の開花時期だけでなく、歴史まで伝えるのは珍しいなと耳にとまった。同時に、かつて米海軍の老提督が私に言った言葉を思い出した。

 折しも桜が満開の頃、ペンタゴンから14号線を通り、ホワイトハウスまで米海軍の車で送ってもらっている途中、この海軍提督が私に言った。

 「第2次大戦中はまだペンタゴンがなく、その先に海軍と海兵隊の小さな事務所があって、この道を通ってホワイトハウス通いをした。戦争の最中で、日本については好ましくない話ばかりだったが、満開の桜を見ると、日本海軍の友人らの顔を思い出したものだ」

 政治家は100年の計を考えなければならないと言う。明治という日本が豊かでなかった時代、6000本を超える桜の苗木を横浜港から貨物船で米国まで贈り届けた当時の尾崎市長の気宇の大きさが、この100年、時に対立する日米関係に好ましい影響を与え続けてきたことは確かだ。

 国家間の贈り物については、長い将来を考えるべきであり、そして注意深く扱うべきであることを教えてくれるもう一つのエピソードがある。

 

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。