AIIB参加の韓国「中国が透明性確保を表明」 北朝鮮開発にも期待感

2015.03.28

 【ソウル=藤本欣也】中国が主導して設立する国際金融機関「アジアインフラ投資銀行」(AIIB)への参加を決定した韓国の企画財政省高官は27日、その理由について「わが国が要求してきた組織運営の透明性に関し、中国が改善意思を積極的に表明した」などと指摘。今後もAIIBの設立過程に関与して意見を表明していくと強調した。

 高官は「AIIBの総会で認められれば北朝鮮にも投資可能だ」として、AIIBを通じた北朝鮮のインフラ開発にも期待感を示した。また聯合ニュースによると、中国がポストを握る見通しの総裁ら幹部が投資計画を決めるのではなく、「理事会が決定できるように改善された」という。

 AIIB参加決定を受け、韓国貿易協会や大韓商工会議所など経済団体が27日、共同声明を発表、「韓国企業がアジア社会基盤の建設に主導的に参加できる道が開かれた」と歓迎した。

 米国が反対していた中国主導のAIIBへの参加を決めた朴槿恵(パク・クネ)政権だが、今度は、中国が反対している米国の弾道ミサイル迎撃システム「高高度防衛ミサイル」(THAAD)の韓国配備を進めるのでは−とする見方が少なくない。

 韓国政府は27日、駐中国大使に、国防相や大統領府国家安全保障室長を務めた金章洙(キム・ジャンス)氏を任命した。軍出身の駐中国大使は初めて。THAAD配備について、自国のミサイルを無力化するのが狙いと警戒する中国の懸念払拭が最大の任務とも報じられている。

 また、アジア歴訪中の米軍制服組トップ、デンプシー統合参謀本部議長が同日、ソウルで崔潤喜(チェ・ユンヒ)合同参謀本部議長と会談した。聯合ニュースによると、デンプシー氏が北朝鮮の核・ミサイルの脅威に対する防衛の必要性に言及し、崔氏も共感を示したという。

 

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。