総連系列の書店「コリアブックセンター」の最終セール

2015.04.05


「コリアブックセンター」オープン当時の広告【拡大】

 朝鮮総連本部ビル売却問題のあおりを受けたのか、東京・白山にある総連傘下の団体が入る朝鮮出版会館が今年1月、大阪市の不動産会社に売却された。明け渡しは半年後といい、夏前には解体される可能性がある。

 会館1階には総連系列の書店「コリアブックセンター」が入っている。写真は1996年、同店がオープンした当時の広告。コピーにあるように南北に関係する希少な書籍や雑誌、自費出版が集まり、専門家やマニアは情報源として重宝してきた。ただ、特に北朝鮮の分厚い本は値段が数万円するものもあり、なかなか手が出せなかった。昨年暮れごろから金正日総書記の記録映画や観光地をPRするVHSビデオや一部書籍のセールが始まった。

 ビデオは1本5000円が500〜1000円と、投げ売り状態だ。閉店するか、移転するかは不明だが、「最終セール」と読んで、惜別の情を抱く好事家は多い。 (北朝鮮ウオッチャー、金正太郎)

 

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。