「大量グッズ」山梨に結集! 18日に宮塚利雄氏の講演会

2015.04.12


宮塚利雄氏【拡大】

 北朝鮮グッズ収集の第一人者で、山梨学院大経営情報学部教授だった宮塚利雄氏(67)が3月で同大を定年退職した。今後は2012年に創立し、自ら代表に就任した宮塚コリア研究所の活動に専念するという。

 宮塚氏によると、大量のグッズはすべて大学研究室から山梨県甲府市内の事務所に引っ越したそうだ。事務所を「宮塚コリア研究所付設北朝鮮資料室」と命名。

 資料室のこけら落としと、退職を記念した講演会を18日午後2時から、山梨県立図書館(甲府市)で開催する。

 宮塚氏はまたも3月下旬に中朝国境に出掛けて新たな北朝鮮ネタを仕入れてきたとのこと。さらに、ポーランド人の北東アジア研究者や大連から事情通が来日して演壇に立つ。参加費は500円。甲府は気持ち遠いが、おそらく本物のマニアと研究者らは遠路をものともせず集結することだろう。 (北朝鮮ウオッチャー、金正太郎)

 

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。