韓国、米“圧力”に「対日強硬路線」修正に追い込まれる 前支局長出国禁止解除 (1/3ページ)

2015.04.15


安倍首相との面会を終え、記者団の質問に答える産経新聞の加藤達也前ソウル支局長=15日午前、首相官邸【拡大】

 韓国の朴槿恵(パク・クネ)政権が追い込まれた。産経新聞の加藤達也前ソウル支局長に対する出国禁止措置を突然解除したが、背後には「日米韓の結束」や「自由主義陣営の普遍的価値」を重視する米国の“圧力”もあったようだ。これまで朴政権は、米国と中国を両てんびんにかける「二股・コウモリ外交」を続けてきたが、国内では外交政策や経済政策、側近への巨額裏金疑惑への批判も高まっており、対日強硬路線を修正せざるを得なくなったといえる。

 「今、東京・大手町の会社にいますが、通勤電車に乗って、聞こえてくる声が日本語なのでホッとした。(出国禁止措置解除の兆しは)まったくなかった。13日午前、ソウル地検から確約書の提出を要求されて、『おやっ?』と思った。韓国は、私の新聞記者としての認識に新しく大きな経験を付け加えてくれた、『衝撃的な国』だと改めて確認できた」

 加藤前支局長は15日朝、ニッポン放送「高嶋ひでたけのあさラジ!」に電話出演し、約8カ月ぶりとなる帰国の喜びや、突然の措置解除への驚きを語った。

 その後、加藤前支局長は官邸を訪れ、安倍晋三首相に面会した。

 日本政府による一連の対応に加藤前支局長が感謝を伝えると、安倍首相は「ご苦労さま。ご家族は大丈夫ですか」とねぎらいの言葉をかけ、「裁判が続くようなので、今後も体に気をつけて」と励ましたという。

 

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。